歯科矯正のための抜歯とは

歯を並べるスペースを確保する方法が抜歯である場合など、スペースを作るときに抜歯が選択されることが多いです。

歯科矯正のために抜歯する場合としない場合を比較して

健康な歯をできるだけ残しておける

歯を抜かずに、移動させたり削ったりするだけで矯正治療が完了する場合、歯の本数自体は減らさずに矯正ができます。万が一虫歯など別の原因で歯を抜かなければならなくなった時に、選択肢を残しておくことができるのがメリットです。可能な限り歯を残しておこうとするのはどこのクリニックでも同じです。

治療後に後戻りするリスクが少ない

歯を抜かずに、動かしてスペースを作った場合、矯正器具を取り外した後、歯が元に戻ろうとする力が働きます。安定するまで器具を付けておくことが一般的なのですぐに元に戻ることはありませんが、元に戻ってしまう可能性は否めません。抜歯であれば確実に作ったスペースに歯を並べられます。

整った歯並びは虫歯予防にも

歯の治療

歯並びが悪い場合、歯と歯の間に隙間ができやすくなります。その結果歯垢も溜まり、虫歯になるリスクが高まります。歯垢や食べカスは歯茎の炎症にもつながるので、歯周病の原因にもなるでしょう。おかしな生え方をしている歯も、周囲に細菌が溜まりやすいです。抜歯や矯正治療など、適切な治療をしなくてはなりません。歯並びを整えることで、虫歯や歯茎の病気になるのを予防できるのです。子供のうちに歯の矯正をしておけば、虫歯になる確率を一段と下げることが可能です。

顔の歪みがなくなり素敵な笑顔と姿勢に

歯科治療

せっかくの美人でも、笑ったときに左右にズレがあると勿体ないものです。顔の歪みは、実は歯並びの悪さが関係していることが多いです。歯の生え方に問題があると、食事のときも思うように噛めません。気が付くと正常な生え方の側でばかり噛んでしまっています。そうすると、良く噛む側の顎や筋肉が鍛えられて、左右のバランスが崩れてきます。その結果、顔に歪みが生じてしまうのです。また歯並びの悪さは、姿勢にも悪影響を及ぼし肩こりの原因になることもあります。適切な抜歯や矯正をすることで、顔の歪みもなくなり美しい笑顔と姿勢になれるでしょう。

マウスピースの治療で低費用に

治療器具

歯の矯正は、治療方法によって費用が異なります。できるだけ安く済ませたいのであれば、マウスピースを活用するのもひとつの方法です。歯並びの状態にもよりますが、大きく歯の位置を変えなくても良い場合はマウスピースの治療が可能です。相場額は15~120万程度となります。専門のマウスピースを作る制作費がかかりますが、舌側矯正よりも安価で済むことが多いでしょう。さらに安いのが、ワイヤー矯正です。歯の状態を診てもらい、予算希望と共に適切な矯正や抜歯方法を提案してもらいましょう。

子供のうちに治療を

男性

矯正や抜歯の治療は、できるだけ子供のうちに済ませておくほうが費用も安く済みます。歯が発達段階である子供時代は、大人になってからの治療よりも短時間で終わります。第一期治療であれば、30~60万ほどが相場額です。第二期に入ると成人矯正と同じくらいかかるケースもあるので、第一期の間に治療しておくのが最良と言えるでしょう。

広告募集中